IT補助金とは?

IT補助金(平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。中小企業・小規模事業者等が行う生産性向上に係る計画の策定や補助金申請手続等について、ITベンダー、専門家等の支援を得ることで、目的の着実な達成を推進します。

詳細はこちら → https://www.it-hojo.jp/

「ニギワイ」は、IT補助金対象事業に選定されています。

IT補助金の概要

補助金予算額:100億円
補助対象事業者:小売業の場合、資本金5,000万円、従業員50人以下の事業者
補助率:対象経費の2/3以内(上限100万円、下限20万円)
交付申請:平成29年6月30日(金)17時まで
事業実施:交付決定日以後~平成29年9月29日(金)
完了報告:事業完了日から起算して30日を経過した日または平成29年9月29日(金)にいずれか早い日まで

申請手続きはニギワイ事務局がサポート

補助金導入にあたり事業計画作成や実施効果報告が必要ですが、バリュレイトにて申請のサポートを致します。
【事業計画とは?】
業務改善についてのこれまでの取組、自社事業の市場における強み・弱み、事業課題、将来計画、IT導入により実現したい効果などを整理します。
①労働生産性の向上率【粗利益(売上-原価)/(従業員数× 1 人当たり勤務時間(年平均)】や②独自指標における向上率(従業員あたり顧客数など)において、3 年後の伸び率 1%以上、4 年後の伸び率 1.5%以上、5 年後の伸び率 2%以上を目指す。

【実施効果報告とは?】
補助事業開始から 2021 年 3 月までの間、毎年 3 月末日を目途に、①生産性向上に係る情報(売上、原価、従業員数及び就業時間)②導入した IT ツールによる生産性向上指数に類する独自の数値目標に係わる情報を報告する必要があります。

お問い合わせはこちら

ASK